MILCへ転換いたしました

昨年末、デジタル黎明期から長く使い続けてきたジナー社のシステムから昨今の主流となりつつあるMILCへ転換いたしました。

スタジオでメインとなっていたジナー社の「eVolution75H+Cam2+P2」から「FUJIFILM GFX50s」へ、加えてレンズにアオリ機能を持つCanonのTSEシリーズを使う事でビューカメラには及ばないまでも被写体に対し自由度が増します。

画像は実際の撮影スタイルで、GFXからのlive vie出力用のモニターをスイングアームでカメラの傍に置き、さらにもう一台被写体側からなるべく死角の無いように設置しています。

これで動画もそのまま撮れます。被写体は同時期に導入したEOS Rで、下の画像はその撮影画像です。

camera canon-eos-r advertisement

FUJIFILM GFX50S + TS-E90mm F2.8L マクロ

January 28th, 2019